《給付金の対象か判断》B型肝炎にお悩みの方は弁護士に相談

Payment

証拠収集も任せよう

様々な手続きと必要になる証拠品が多いB型肝炎の国家賠償請求訴訟ですが、弁護士事務所によっては証拠収集や面倒な手続きを代行して行なってくれる事務所もあるので、依頼をするならこのような弁護士事務所を探すといいでしょう。

トラブル回避!役立つ弁護士情報を紹介

廃車

【事故で廃車になった車も重要な証拠に】交通事故は弁護士に相談

交通事故に遭った、または事故を起こした車を処理する際には細心の注意が必要です。特に後遺障害などが残るような事故は弁護士が必要になるケースもあるので勝手車を廃車引き取り業者に売らずに、確認をしてから処理するようにしましょう。

READ MORE
男女

身近なトラブルから裁判まで!【埼玉の頼れる弁護士事務所】

不意にトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。また、些細な問題がヒートアップして大きな問題になることもあるので、被害を拡大させないように早めに埼玉の弁護士に相談しましょう。

READ MORE
メンズ

兵庫の車買取業者の探し方【悪徳業者を避けるための対策案】

車買取の悪徳業者につかまったら、すぐに兵庫の弁護士に相談しましょう。弁護士を頼ることで問題を解決させることも出来ますし、悪徳業者を見分けることも出来ますよ。

READ MORE

B型肝炎給付金対象の条件

今現在もB型肝炎ウィルスに感染しているか

B型肝炎給付金対象の条件は、「今現在も継続してB型肝炎ウィルスに感染しているか」という条件です。完治した方は給付金対象外となるので注意が必要になります。念のために血液検査で確認しておくようにしましょう。

満7歳までに集団予防接種を行なっているか

最高裁判によってB型肝炎ウィルスは6歳になるまでの幼少期に持続感染しやすいと判断されたため、満7歳までに集団予防接種を受けたかの確認も給付金対象者に必要な条件とされています。母子手帳を持っていない場合は、接種痕意見書の作成を医療機関に依頼するといいでしょう。

予防接種時に注射器の連続使用があったか

国が集団予防接種の際に注射器の連続使用があったことを認めています。一定の期間行なわれていたことなので、その期間に予防接種を受けたかの確認が必要となります。年代としては昭和16年の7月から、同じく昭和63年の1月までに摂取済みの方は該当します。

母子感染ではないか

B型肝炎は母子感染が最も多いため、集団予防接種が原因という証明が出来ない場合には給付金の対象から外れてしまいます。医療記録で証明する必要があるため、詳しい詳細は肝臓内科に聞いてみましょう。

集団予防接種が感染原因で間違いないか

母子感染以外では入れ墨やタトゥーといったものからの感染でないことを証明する必要があります。しかし、母子感染の時のように医療記録に基づいての証明まではいかないケースが多いため、基本的には問題ありません。

B型肝炎の給付金は弁護士なしじゃ受け取れない

レディ

B型肝炎の給付金対象者

B型肝炎の給付金を受け取ることが出来る方は、ある一定の条件を満たしている方限定になります。現在B型肝炎に苦しんでいて、自分が給付金対象者かどうか確認したい方は弁護士に相談しましょう。給付金をもらうための賠償請求訴訟を起こす際にも弁護士が必要となるので、実績のある弁護士がオススメです。

国を相手に訴訟する場合

B型肝炎の給付金のように、国を相手に訴訟することを国家賠償請求訴訟と言います。訴訟には様々な準備がありますので、すぐに訴訟を起こして給付金をもらうということは出来ません。また、訴訟を受け入れる期間も定められているため、思い当たる方はなるべく早めに弁護士に相談するようにしましょう。